コンタクトレンズ

眼科でのコンタクトレンズ診療の意義

近年、若い女性の方たちがドラッグストア、メガネ店、雑貨店やネットなどでカラーコンタクトを購入して装用したために、眼に傷がついて痛くなったり細菌やアメーバに感染して重症になることがあり、社会問題にもなっています。この背景には、カラーコンタクトの粗悪品が外国からたくさん輸入され販売されている実情があります。
 しかし、カラーコンタクトを含むコンタクトレンズは、そもそも厚生労働省によって視力矯正のための高度管理医療機器に指定されています。すなわち、コンタクトレンズは、眼科医の管理の下で購入されるべきものです。大切な眼の健康を守るため、普通のコンタクトレンズだけでなく、カラーコンタクトといえども眼科医に相談して購入するのが良いと思います。


ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズに比べて歴史が古く、長年の間に数々の改良が重ねられ、現在はその大部分がガス透過性の素材でできています。黒目の表面とコンタクトレンズの間に涙の層が常にあるので、黒目が酸素不足になりにくく、より自然の状態に近いと言えます。ソフトコンタクトに比べた長所としては、①角膜感染症などの重い目の病気になりにくい。②黒目の表面のゆがみ(角膜乱視)が強くても矯正可能。③正しく使えばレンズの寿命が長い(2~3年)。短所としては、①目に少しゴミが入った程度で痛くなる(これは長所でもあります)。②ずれやすく、紛失しやすい。③何年~何十年も使っていると瞼が下がってくる(眼瞼下垂)方がいる。ということが挙げられます。黒目のカーブ(角膜の曲率)やその他の目の状態に合わせて眼科医診察のもと正しい処方が必要です。

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズは装用感が比較的良く、コンタクトレンズがずれたり外れて落ちるようなことが少ないので、近年飛躍的にユーザーが増えてきました。材質に関しては現在は大きく2つの種類(高含水性ハイドロゲルとシリコーンハイドロゲル)があり、大抵の方にはどちらも合いますが、患者さんの目の状態によってはどちらかをお勧めすることもあります。ハードコンタクトに比べた長所としては、①装用感が良好。②レンズがずれたり落ちて紛失したりすることが少ない。③激しいスポーツでも可能。短所としては、①強い乱視や強い近視を矯正できない場合がある。②黒目に多少傷がついても傷みを感じにくいので、角膜感染症など重い病気にかかることがありうる。③強いアレルギー結膜炎を引き起こすことがある。ということが挙げられます。ハードコンタクトに比べてレンズにタンパク質が沈着したり劣化したりしやすいですので、現在は一日使い捨てや2週間使い捨てタイプが主流です。ソフトコンタクトレンズによる角膜感染症が近年問題となっていますので、正しい装用・洗浄・消毒・保存と眼科医による定期的検診が必要です。