加齢黄斑変性など黄斑の病気

加齢黄斑変性

施設写真

眼球を昔のカメラに例えるとフィルムに相当する部分が網膜で、その網膜の最も大切な中心部分を黄斑と呼びます。加齢黄斑変性では、その黄斑付近の網膜の奥にある脈絡膜という血管の豊富な組織から「新生血管」という異常な血管が生えてきて、網膜の下に出血を起こしたり水が溜まったりすることで、徐々に視力が落ちていきます。この疾患に対する有効な治療法は、日本では2003年ころまでほぼ無かったのですが、まず光線力学的療法という特殊なレーザー治療の登場によって悪化を抑制することができるようになり、次いで抗VEGF療法という眼球注射療法によって視力の改善が可能となりました。当院でもこの治療を積極的に行っております。初期症状としては視野の中心がゆがんだり、文字を読む際に視野の中央のみがかすんで読めないなどです。心当たりがありましたら、まずは受診をお勧めいたします。


その他黄斑疾患について


上記加齢黄斑変性に対する治療法として世に出てきた抗VEGF眼内注射治療は、黄斑部を障害するその他の病気にも有効であることが示されました。頻度が多いものから順に挙げると、①網膜静脈閉そく症、②糖尿病黄斑浮腫、③高度近視に伴う脈絡膜新生血管です。①や②に関しては、状況により注射以外に眼底レーザーなどを補助的に使う必要があります。
またこれらの病気よりやや若い方にも起こり得る黄斑疾患として、中心性漿液性脈絡網膜症という病気があります。この病気の原因についてはまだよく解っていませんが、脈絡膜という網膜の更に奥にある血管の豊富な組織から血液中の水分が漏れやすい体質の人に、網膜と脈絡膜の間で防水壁の役目をしている色素上皮細胞に何らかのきっかけで傷みが生じると、網膜の下に水が溜まり物がゆがんで見えるようになります。飲み薬を飲んだり、喫煙をしている方は喫煙量を減らしてもらいつつ様子を見ると治ってくることもありますが、数カ月様子を見て治らないならば、眼底レーザー治療などをした方が良いと考えられます。