多焦点眼内レンズについて

保健診療の白内障手術で使う単焦点眼内レンズ

白内障手術とは、濁った水晶体を透明な人工のレンズ(眼内レンズ)に取り換える手術といえますが、保険診療の白内障手術で使用可能な眼内レンズは単焦点レンズのため、術後はいわゆる「老眼」の状態になります。すなわち裸眼で遠くにピントが合うような眼内レンズを選ぶと裸眼で近くが見づらくなり、逆に裸眼で近くにピントが合うような眼内レンズを選ぶと遠くを見るときに眼鏡が必要になります。


多焦点眼内レンズを手術で使うと

上記に挙げたような単焦点眼内レンズによる白内障手術後の老眼状態をなるべく軽減するようにと開発されたのが多焦点眼内レンズです。これを使って手術をすると、一般的には遠くから手前50センチメートル程度の範囲までが概ねピントが合って見えるようになるので、術後に眼鏡に頼る頻度が少なくなると期待できます。ただし読書をしたり裁縫をするなど手元をよく見たい場面では眼鏡が必要となる可能性が高く、「確実に眼鏡から解放される」ことを保証できるものではありません。また患者様の目の状態によってはお勧めできない場合もあります。多焦点眼内レンズ使用白内障手術は保険診療外(自由診療)で行っております。ご興味のある方は医院の受付窓口か診察室にてお問い合わせください。