治療方針

治療方針

当院では特に加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉そく症などの眼底の病気に対して積極的に眼内注射治療を中心とした治療を行っております。緑内障に関しては点眼治療を第一選択とし、効果不良の場合には手術を考慮します。また白内障や手術治療が必要な眼底疾患に関しては、日帰り手術を行っております。

主な目の病気の治療方針について

  1. 白内障

    視力低下の著しい方や、視力改善の希望が強い方に関しては日帰り手術をお勧めいたします。短時間で高い視力改善が期待できる手術です。原則患者様のご希望を尊重し、手術希望でない方に関しては経過観察を行います。

  2. 緑内障

    眼圧、視野検査、眼底検査や光干渉断層計検査などを定期的に確認しつつ、原則的に点眼治療で進行を予防します。それで不十分と思われる場合に限り、緑内障手術をいたします。手術には大きく分けて流出路再建術という方法と濾過手術という方法がありますが、当院では流出路再建術を行っております。濾過手術等が必要な方や通常の治療で効果が得られない方は金沢大学附属病院と連携し、適宜ご紹介いたします。

  3. 加齢黄斑変性

    眼底の中心部(黄斑)に滲出性変化があれば抗血管内皮増殖因子(抗VEGF薬)を毎月眼内注射し、滲出性変化が無くなったら徐々に注射/通院間隔を延長していきます。完治しうる病気ではないのですが、多くの場合視力が改善します。眼内注射薬が非常に高価なため、注射頻度や通院負担が最小限になるよう配慮いたします。

  4. 糖尿病網膜症

    初期の場合は、まずは経過観察(数カ月に一度の眼底検査)を行います。中期以降に進行した場合は、状況により網膜光凝固(眼底レーザー)を行い、進行を食い止めます。重症化したものに関しては、硝子体手術を考慮いたします。またどの病期であっても網膜の中心部に浮腫(黄斑浮腫)を生じて視力が下がる場合があり得ます。その場合は加齢黄斑変性と同様の眼内注射治療をいたします。