白内障について

白内障はどんな病気か

施設写真

白内障は、眼球をカメラに例えるとレンズに相当する部分(水晶体)が濁って見づらくなる病気です。この場合どんな眼鏡をかけても見やすくはなりません。水晶体が濁る原因は、大半が加齢や紫外線の影響で水晶体のタンパク質が酸化作用を受けるためといわれています。その他糖尿病や目のけがやアトピー性皮膚炎があると起こりやすくなります。


白内障の手術について

機器写真

白内障は加齢にともなって、どうしても進行します。日常生活が不自由になったり、自動車免許証の更新が危うくなったときは、手術による治療が必要になります。当院での白内障の治療と手術に際しては、まず点眼麻酔を十分に行います。効きにくければ白目に麻酔の注射をして行います。あとから患者様に「痛かったですか?」とお聞きすると、「痛かった」とお答えになる方はほとんどいらっしゃいません。普通の白内障では、ほとんどの場合手術はスムースで、術後の成績は良いです。しかし、落屑症候群(水垢様の物質がたまっている)、瞳孔が広がらない場合、認知症合併の場合、成熟~過熱白内障の場合、または幼時を含めて眼の打撲傷の経験があって水晶体を支えているチン氏帯が傷んでいる場合などについては手術時間が余計にかかる場合がございますので、慎重に検討・対応し、場合によっては大学病院をご紹介させていただくこともあります。
また、白内障の手術を受けられてから数ヶ月から数年後に再び見えにくくなることがあります。そんなときは「後発白内障」のことが多いのです。後発白内障ならご心配いりません。これは、ご自分の水晶体が入っていた袋と眼内レンズとの間にわずかに残っていた細胞が再び増殖するために見えにくくなるのです。この病気は、YAGレーザーの機械で簡単に治療できますのでご安心ください。