硝子体手術で治す網膜の病気

網膜前膜について

施設写真

球の内容の大半は硝子体と呼ばれるコラーゲンを含んだゼリーがあり、若いころ(10~20歳代)には眼球の中をほぼ満たしています。その頃は硝子体と網膜は接着しています。しかし年齢による変化に伴い、硝子体は徐々に縮んでいき、網膜の表面から外れていきます。その際、網膜の中心部分である黄斑部で硝子体と網膜の接着が比較的強い人の場合、硝子体の一部を網膜の表面に残したまま硝子体の本体が網膜から外れてしまうことがあります。
黄斑部で網膜に接着したまま残った硝子体は、その後徐々に収縮し、網膜の表面に皺を作ったり、黄斑の網膜を変形させてしまうことがあります。そうなるとものが歪んで見えるようになったり、視界の中心部分が見づらくなり、徐々に視力が低下していきます。
満たされています。加齢などの原因でこの硝子体が縮むと、網膜表面にくっついていた硝子体が剥がれていきますが、この際、硝子体の一部が網膜表面にくっついたまま残ってしまうことがあります。これが更に収縮したりここを足場に細胞が増殖することで、徐々に網膜表面に網膜前膜と呼ばれる病的な膜が張って線がゆがんで見えるようになったり視力が低下します。この病気で失明まで至ることは稀ですが、悪化を止めるために硝子体手術でこの膜を取り除く治療が必要なケースがあります。手術により多くの場合視力が改善しますが、「歪んで見える」などの症状が完全に消えるわけではないので、手術を決める際には手術によるメリットを見極めてそれが大きいときに手術を選択するべきと考えます。当院では患者様の状態に合わせて個別によく相談した上でこの手術を提供いたします。


黄斑円孔について

機器写真

先の網膜前膜についての説明であったように、眼球内のコラーゲンのゼリー(硝子体)が縮んで網膜表面から外れるとき、網膜の最も重要な中心部分(黄斑)に穴が開いてしまうことがあります。こうなると急に視野の中心が見えづらくなり、視力が低下します。硝子体手術で黄斑円孔の周囲にある「内境界膜」と呼ばれる膜をある程度の範囲取り除いて眼球の中身を空気に入れ替え、手術後数日間うつ伏せで寝てもらうと、大半のケースで黄斑円孔が閉じます。黄斑円孔が出来てから数か月時間がたってしまうと、せっかく手術がうまくいっても視力があまり改善しなくなってしまいますので、早期の手術をお勧めいたしますが、これについても当院では患者さんによく状態を説明した上で患者さんと相談して最終的な治療方針を決めております。