糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

施設写真

現代は飽食の時代です。そのせいか、日本の糖尿病患者数は増加しており、現在は740万人、予備軍を加えると1,600万人とも推定されています。糖尿病による眼合併症の代表的なものが糖尿病網膜症です。神経障害、腎障害とともに、糖尿病の三大合併症と言われています。糖尿病になってから8~10年位経つと網膜症が現れることがあり、15年経つと約40%の人に発症します。日本では、毎年約3,000人が網膜症のために失明しており、緑内障とともに中途失明の原因疾患となっています。
糖尿病に罹ると毛細血管がもろく、傷みやすくなります。眼球は精密機械のようなもので、特に網膜は光や色を知覚するために細かい血管が密集しています。その血管がもろくなって、出血したり、水漏れしたり、さらに網膜浮腫(むくみ)が生じると、網膜に酸素や栄養が行き渡らなくなります。
広い範囲で血管が閉塞してしまうと、それを補おうとして新生血管が現れます(増殖性網膜症)。しかし、それは助けにはならず、かえって大出血を起こし、放置すれば失明に至ります。


糖尿病網膜症の治療

機器写真

治療として最も大切なことは、定期的に内科医にコンサルトし、食事療法を中心にして、血糖をコントロールすることです。そして、年に一度、眼科で眼底などのチェックをお受けください。もし、網膜症が見つかっても、内科にかかっておられる限りは、ご心配なさらないでください。眼底所見の状態に応じて、3ヶ月に1回とか、2ヶ月に1回とか、眼底のチェックをいたします。そして、増殖性網膜症を起こす直前にレーザー光凝固手術を行うのが一般的です。レーザー光凝固手術は外来で行いますが、眼球を切るような手術ではありませんので眼帯などは不要です

ただしそれでも進行が食い止められないときは、硝子体手術となります。また、増殖性網膜症とはいかなくても、眼底の中心に浮腫(むくみ)が生じて視力が低下している時には、黄斑浮腫に対して抗VEGF剤の注射療法が有効です。当院でも実施可能ですのでご相談ください。