緑内障について

緑内障とは

施設写真

眼圧(眼球の中の圧力)などの影響により、見える範囲(視野)が徐々に欠けてくる病気です。高齢化社会の到来とともに、今や、40歳以上の年齢の日本人の20人に1人は緑内障に罹っていると言われています。金沢市では平成18年から、成人健康診査の一環として「緑内障検診」が、50歳、55歳、60歳の市民を対象に行われています。

緑内障は、以前は眼圧(眼球の内圧)が高いために、視神経が圧迫されて傷害され、その結果、視神経の神経節細胞が減少し、それに応じて視野が狭くなると考えられていました。ところが最近の疫学調査(日本眼科学会・多治見スタディ)では、眼圧が正常範囲にあっても、緑内障みたいに視野がだんだん狭くなってゆく人がたいへん多いことが分かりました。

緑内障の診断・治療方針について

機器写真

40歳を過ぎたら、緑内障検診を受けられるか、またはメガネ処方などの機会に、緑内障の兆しがないか眼科専門医にぜひご相談ください。眼底の視神経を精密に観察することによってある程度分かりますし、OCT検査(後述や)視野検査によってほとんど診断することが可能です。
当院では、ハンフリー・フィールドアナライザーHFAⅡを使用して、緑内障の早期発見に努めるとともに、緑内障と診断された方を、主に点眼薬で治療、コントロールし、出来るだけ視野異常が進行しないように努めます。しかし、視野検査は自覚的な検査なので、ご本人が疲れておられたりご高齢の場合などでは、正確な結果が得られない恐れがあります。近年、光干渉断層計(OCT)が普及しました。この検査ですと数秒の間に結果が得られますので、緑内障だけでなく加齢黄斑変性、黄斑前膜など眼底中心部の病気の診断や経過観察に有用です。
【点眼治療について】点眼薬は緑内障の進行防止のために使用しますので、毎日決められた回数を点眼することが大切です。たくさんの種類の緑内障用点眼薬がありますので、適切と思われるものを選んで点眼します。現在主流の点眼薬はプロスタグランジン系と呼ばれるもので、一日一回の点眼でかなりの眼圧下降効果が期待できます。睫毛が伸びたり、瞼の縁が黒ずむという副作用がありますので、夕方の入浴や朝の洗顔の少し前に点眼してその後暫く経ってから洗顔する習慣にするのが良いと思われます。次に位置するのがベータ阻害薬という交感神経に働く点眼薬で、これも眼圧下降効果が高いですが、時に心拍数に影響を与えたり気管支平滑筋に影響を与えることがありますので、心不全や喘息がある方には注意が必要です。点眼薬全般に言えることですが、点眼後しばらく目頭を圧迫して涙道から喉の奥に薬が流れていかないようにすると良いでしょう。三番目に位置するのが炭酸脱水酵素阻害薬と呼ばれる点眼薬ですが、この他にも最近は交感神経の他の部分に働く薬や全く新しい機序の点眼薬も誕生しています。難症例の場合は金沢大学病院眼科と連携して治療いたします。
【手術治療について】点眼治療をしても十分な眼圧下降が得られず視野欠損が悪化する可能性のある患者さんに関しては、慎重に検討の上、手術治療をお勧めさせていただく場合があります。当院で行っている手術は主に流出路再建術と呼ばれるものですが、これは近年手術方法の改善により、切開の傷が小さく済み、かなり短時間(約10分程度)で安全に行えるようになりました(下図)。白内障が進んだタイミングで白内障手術と同時に行うことも可能ですので、適宜ご提案いたします。

【閉塞隅角緑内障について】
隅角が狭いタイプの緑内障で、緑内障全体の10%位がこのタイプです。消化器病の検査や治療のための薬で緑内障発作が誘発されることがあるため、患者様が内科や外科医から「あなたは緑内障がありませんか」と尋ねられることがあります。そのようなときは眼科医にお聞きください。緑内障発作(急激な眼圧上昇)のときは、レーザー光による虹彩切開術を行ったり、白内障があれば早めでも白内障手術を行って発作の寛解をめざします。