網膜前膜(黄斑上膜)の説明資料

網膜前膜は黄斑前膜や黄斑上膜とも呼ばれる眼底の病気です。この病気で失明することはありませんが、進行するとものが歪んで見えるようになり、視野の中央が見づらくなります。治療は硝子体手術という眼球の内部の手術をしますが、軽度であれば必ずしも手術する必要はありません。資料はこちらをクリックしてください。

2020年1月15日